company profile
キロニーの歴史

当社は、初代社長 兼坂 哲 が、室内装飾品の卸商として、大正3年8月1日、東京新橋に「兼坂 哲商店」を創業、以来今日まで、我国の建築様式の西欧化と、それに伴うインテリアの変遷、発展の歴史と共に歩み続けてまいりました。
創業当初は、我国では西欧様式の建築は極めて少なく、従って、それに要する室内装飾用資材は、殆んど海外よりの輸入に頼らざるを得なかった状態であり、その中にあって、欧米諸国からの輸入品を独占的に販売することにより、当社の基礎は築かれました。
昭和初期に至り、国内製造技術がようやく国際レベルに達し、インテリア商品の需要が増大するに伴い、取扱商品を、輸入品中心から国産品へと大きく転換しました。
以後、カーテンのブランドメーカーとして、市場の先駆けとなる様々な商品開発に挑み続けてまいりましたが、以下にその歩みを紹介させていただきます。   

キロニーの歩み
◆1961年(昭和36年) ポリエステルのレースカーテンを発売し、ポリエステル時代の先鞭をつける。
◆1965年(昭和40年) 『キロニーカーテンvol.1』発売。ドレープ・レースの分冊型で、東レテトロンを使用したレース1ページ目掲載の「新雪」は、2007年まで継続。
◆1965年(昭和40年) 通産省グッドデザイン賞にインテリア部門が設けられ、同部門初のGマーク商品にキロニー商品が選定され、以来25年間連続して選定される。
◆1966年(昭和41年) アクリル素材旭化成カシミロンを初めて使用した『ラインドレープ』を発売。
◆1968年(昭和43年) 三重織のリバーシブルジャガード暗幕『ドレアン』を発売し、好評を得る。
◆1971年(昭和46年) 興人コーデラン使用の難燃ジャガードを発売し、防炎カーテンの幕開けを切る。
◆1972年(昭和47年) 東レアンフラを使用した難燃レースを発売し、レース市場拡大の契機となる。
◆1974年(昭和49年) ドイツインテリア界の鬼才、ルドルフ・ワグナーとデザイン提携し、斬新かつ大胆なプリントカーテンの見本帳を上梓。
◆1984年(昭和59年) スタイルカーテン『フネートル』を発売、日本市場におけるカーテンスタイルの進化に道筋をつけ、伝説に残る大ヒットを記録。
◆1990年(平成2年) 既製&イージーオーダーブランド『テアトロ・ビタ』に収録の月星柄「ラクーン」が大ヒット、一大ブームとなる。
カーテン事業における商品は東リグループが総力を結集して開発し、弊社はいかにキロニーブランドを販売していくかという販促企画に注力してまいります。なお代理店事業に関しましてもこれまで以上に積極的な展開を図って参ります。
キロニーの歴史は、我国のインテリアの進展の歴史の中にあって、大きな役割を果たして参りました。特に首都圏に於いては、業界の中心的存在であると自負しております。キロニーは、全社を挙げて、意欲的により一層の前進を目指しております。